今年5月にいよいよ施行、改正個人情報保護法について

はじめに

昨年5月に改正された個人情報保護法が今年の5月30日に全面施行となります。個人情報保護の強化を図りつつデータの有効活用と取扱のグローバル化を促進することを目的とした今回の改正個人情報保護法。今回は改めてそのポイントを簡単に見ていきたいと思います。

改正の経緯

現在IT技術の進歩により企業や事業者は膨大な顧客データを蓄積し、それを加工や編集を行いネットワークによりその情報が瞬時に世界を駆け巡る状況となってきました。そういった個人情報はビジネスにおいて非常に有用なデータであると同時に、漏洩した際の個人のプライバシー侵害の危険も増大してきたと言えます。そこで個人情報の保護を図りつつ、パーソナルデータの利活用を促進し、新産業・新サービスの創出と国民の安全・安心の向上を目的として今回の改正がなされることとなりました。旧法では曖昧だった個人情報の定義の明確化や適切な保護の下での個人情報の活用の促進、個人情報保護委員会の新設、個人情報取扱のグローバル化、本人の個人情報に関する開示・訂正・利用停止請求権の明確化が図られております。以下今回の改正のポイントを見ていきます。

改正個人情報保護法のポイント

(1)個人情報定義の明確化
従来の個人情報保護法下では定義が曖昧だとされてきた個人情報の具体的な内容について明確化が図られております。具体的には①住所、氏名、生年月日等の一般的な個人情報(改正法2条1項1号)②顔画像や指紋データ、免許証番号、パスポート番号、保険証番号等の個人識別符号(同1号、2号)③人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪歴といった要配慮個人情報(同3項)④個人情報に該当しない匿名加工情報(同9項)等が挙げられます。

(2)適切な規律下での有用性の確保
今回個人情報には該当しない匿名加工情報が新設されました。匿名加工情報とは個人情報を加工し、個人情報として復元できないようにしたもので誰のデータかわからなくなった情報を言います。個人情報ではないため本人の同意を得ずにデータとして第三者に提供することができ、ビジネスやサービスの向上等に有効活用することができます。加工の方法としては住所、氏名、生年月日等を削除したり、生年月日をよりおおまかな年代等にグルーピングする方法や一定の誤差を付加するといったものが挙げられます。ここで求められているのは通常の技術力によっては個人情報として復元できない程度の加工であって、100%復元可能性を排除するほどのものではありません。また個人情報取扱業者の個人情報の利用目的に関して、その変更にあたっては変更前と「相当の関連性」が求められましたが、その点が削除となっております(15条2項)。より柔軟に個人情報を利用することができることとなります。

(3)個人情報流通の適正さの確保
個人情報を第三者に提供するには、あらかじめ本人を同意を得ることが原則です(23条1項)。しかし従来は第三者へ提供する旨、その内容、方法等の一定の事項をあらかじめ通知するか用意に知り得る状態にしておくことによって、本人が反対しない限り同意したものとして第三者提供ができることになっておりました(同2項)。これをオプトアウトと言います。しかしこれでは本人の知らない所で自らの個人情報を第三者に提供されていることになり保護に欠けるとされてきました。そこで今回の改正ではオプトアウトの要件を厳格化しております。具体的には上記一定の事項に本人からの求めを受け付ける方法を加えた上で、個人情報保護委員会への届出が必要となります。届出がなされるとその旨が公表されることとなります。これらの手続に不適切な点がある場合には勧告や措置命令の対象となります(42条1項、2項)。

(4)データベース提供罪の新設
企業や事業者が業務上取り扱った個人情報データベースを不正な利益を得る目的で第三者に提供等をした場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課されることになります(83条)。個人情報を業者に転売等することによって利益を得ることに関し罰則が新たに規定されたということです。マイナンバー法にも同様の規定(3年以下、150万円以下)がありますがそれに比べるとまだ軽いものに留まっております。

(5)要配慮個人情報の扱い
人種、信条、犯罪歴等、本人に対する不当な差別や偏見を招くおそれのある情報として新たに要配慮個人情報が新設されました(2条3項)。具体的には先に挙げたものの他に病歴や社会的身分、犯罪被害を受けた事実、その他政令で定めるものが該当します。これらに該当する要配慮個人情報は本人の同意なく取得することが出来ず(17条2項)、オプトアウトによる第三者提供も禁止されます(23条2項)。

コメント

今回の改正の一番の主眼は規制の対象である個人情報の具体的な内容の明確化です。どのような情報が規制の対象である個人情報に該当するかがかなり具体化されました。しかし依然として曖昧なものも存在します。例えば携帯番号やメールアドレスといったものが挙げられます。経産省の個人情報ガイドラインでも携帯番号は、それ単体では個人情報には該当しませんが他の情報と合わせて個人が識別できるのであれば該当し得るとしてきました。今回の改正を踏まえてもこれらについては判然としない状況と言えます。しかし新たに新設された要配慮情報や匿名加工については今一度、社内の取扱状況等を確認し、またオプトアウト形式で第三者への提供を行っていないかを確認することが必要です。第三者提供を行っている場合は施工後に違法なデータベース提供とならないか、また個人情報保護委員会への届出を要しないかを周知し体制の整備が重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:,
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 個人情報保護法 法改正
【国際法務入門】M&A 合弁会社設立
2017年07月19日(水)
19:00 ~ 22:00
25,000円(税込) ※平成29年2月15日開催のLBS体験講座に参加された方は10,000円減算した金額とさせていただきます。 なお、単回申込みを複数回される場合は、上記減算は初回分のみ適用となりますのでご了承ください。
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社 アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、
日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、
を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業両方での国際法務経験が有り、両者の観点から国際法務
について指導を行います。
国際法務入門者向けの契約法務習得セミナーになります。
当日は、下記の流れで、こちらで用意したビジネスシチュエーションを題材に、
国際法務経験豊富な講師との双方向でのコミュニケーションを行い、
ときに、少人数のグループでのディスカッションを織り交ぜながら、
参加者が思考しアウトプットするプログラムとなっております。

売買契約・共同開発契約の審査や作成に必要な「知識」を習得するのはもちろんのこと、
一方的に話を聞くセミナーとは異なり、各契約を検討する上での「思考法・仕事術」などの
実践的な能力を習得出来るのが特徴です。

【講師からケースの説明】→【グループディスカッション】→【各グループの発表】→【講師レビュー】

★「体験講座」(2月15日開催)の参加者の声★
・書籍等では実務に近い情報が無い為、講座で具体的なケースを想定し仕事の進め方を理解出来てる内容がとてもよかったです。
・少人数で法務業務を担当している為、自分自身の経験、知識、感覚で仕事をしてしまう事が多く、
法務業務をする上で大事な思考のフレームワークを学べて良かったです。
・講義内容はもちろんですが、他社の法務担当の意見を聞く事が出来て、とても参考になりました。

★今回のテーマ★
「M&A 合弁会社設立」
日本の製薬企業が豊富なノウハウと経験を有する自社のIT部門を独立させ、自社を含む他の製薬企業向けに幅広くITサービスを提供できる企業を設立しようとするとき、同社にメインフレームを提供している米国のコンピュータ会社の協力を仰ごうとするケースを題材に、企業間における事業協力の形態を検討します。
※ こちらで事前課題を用意し、受講前にケース理解を深めていただきます。
※ 本講座は「リーガルビジネススクール 国際法務担当者育成コース(全六回)」の第五回講座を兼ねております。そのため、そちらの申込者と一緒に本講座を受講いただく形となります。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 個人情報保護法 法改正
第85回MSサロン(東京会場)
2017年07月26日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
大東泰雄
のぞみ総合法律事務所 弁護士

平成13年慶應義塾大学法学部卒業,平成24年一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。
平成14年弁護士登録。
平成21年4月から平成24年3月まで,公取委審査局審査専門官(主査)として,独占禁止法違反被疑事件の審査・審判実務に従事。

公取委勤務経験を活かし,独禁法違反事件対応(リニエンシー申請,社内調査,公取委対応,審判等),企業結合審査対応,独禁法関係民事訴訟,下請法,景品表示法等に関する業務を主軸とし,その他企業法務全般を扱っている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「下請法運用強化と対応のポイント」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

伊藤園のトマト飲料特許訴訟でカゴメが勝訴、特許無効について... はじめに 食品大手カゴメが伊藤園のトマト飲料に関する特許につき特許無効を主張していた訴訟で知財高裁は8日、カゴメの主張を認め、特許無効を認めました。カゴメは製法の定義が曖昧であるとして特許庁に特許無効の審判申立を行っておりましたが特許庁により特許が有効との審決が出されました。今回は特許無効につ...
全農が景表法違反!!米・野菜の安全性確保で重要なことは??... 1 事件の概要 平成22年12月8日、消費者庁は、全国農業協同組合連合会(以下、「全農」という)が販売していたコシヒカリに「化学肥料不使用」の特別栽培米と表記していた行為について、景品表示法違反行為(第4条第1項1号=優良誤認)が認められたとして、措置命令を行った。 平成22年2月に農水省の指摘で...
大規模建築物の耐震診断義務付け 事案の概要  不特定多数の人が利用する大規模な建築物に関して2015年末までに耐震診断を義務付ける、改正耐震診断促進法が、11月25日に施行されることとなった。 改正法には、 (1)耐震診断及び耐震改修の努力義務の対象となる建物の範囲の拡大(旧基準による全ての建物が対象) (2)不特定かつ多数が...