報復的訴訟、SLAPP訴訟とその問題点

はじめに

 近年広まりつつあるSLAPP訴訟という考え方。個人や住民団体といった比較的弱者に対し、報復的な訴訟を繰り広げる事例が増えてまいりました。今回はいわゆるSLAPP訴訟とその問題点について見ていきたいと思います。

SLAPP訴訟とは

 SLAPP訴訟とは、アメリカで考えられた概念で、Strategic Lawsuit Against Participationすなわち市民の関与を排除するための訴訟戦術の略だと言われています。例えば企業の不正等の問題点を発見した個人やジャーナリストや市民団体が、その点について訴えたり、発表や陳情を行った場合に、それらの行為に対して圧力をかけて辞めさせる目的で訴訟を提起する場合を言います。オリコン社がフリーランス記者に対し名誉毀損で5000万円の損害賠償を求めた訴訟でも、オリコン社は賠償を求めることではなく、誹謗中傷を認め謝罪することと引き換えに訴えを取り下げることが目的であったとしています。ジャーナリストの記事掲載に圧力をかけることが主たる目的と言えることから、これもSLAPP訴訟の一例と言えるでしょう。

SLAPP訴訟の問題点

 このようなSLAPP訴訟の問題点は、弱い立場の言論や正当な陳情を強い立場の組織が圧力をかけて封殺することにあります。アメリカでは巨大企業によるSLAPP訴訟によって、それに屈した新聞社が記事を書いた記者を解雇したという事例もあります。このような訴訟は基本的に勝訴することはできず、敗訴することは当初から想定されています。通常ならそのような訴訟は避けますが、訴訟を起こし圧力をかけることが目的であることから法外な額の賠償を求めて執拗に訴訟追行します。たとえ勝訴することが確定していても、被告は裁判所に出頭して応訴を強いられ、その分業務はできず交通費や弁護士費用を負担することになります。立場の弱い零細の個人や中小企業では、それだけでも相当な負担となり言論や陳情を断念することになります。直接訴えられた被告以外も、そのような様子を見て公的発言をためらうようになり、訴える側からすれば問題を沈静化させる効果も期待できます。

SLAPP訴訟対応策

 上記のようなSLAPP訴訟の問題に関してアメリカでは表現の自由を揺るがす行為であるとして、法的に禁止する動きが出ています。カリフォルニア州では反SLAPP法が制定され、被告側がSLAPPであると陳述し、裁判所が認めた場合は請求棄却され、費用を原告に負担させるという運用がなされています。これに対して日本ではまだ法的な対応策は手付かずの状態です。近年こういった報復的訴訟が問題視されはじめた段階であり、政府行政レベルでの対応の動きはまだ見られておりません。まずはこういったSLAPP訴訟の弊害や問題点を広く周知させる必要があるでしょう。

コメント

 SLAPP訴訟は経済的強者の不祥事や不正を隠蔽する手段に使われ、弱者の権利や表現の自由を侵害する恐れがあります。一方で訴える側にとっても、真に名誉や社会的評価を侵害されている場合もあり、それらを回復するために訴える以外に手段が無い場合もあります。表現の自由と裁判を受ける権利はいずれも憲法で保障された人権であり、両者の調整を図ることが重要です。そこで第三者から客観的に見ても明らかに報復的SLAPP訴訟であると言える場合には、被告側に資金的に補助する公的機関やNPO団体の設立等を考慮してもいいのではないでしょうか。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年7ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務コラム 法務ニュース 危機管理
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム 法務ニュース 危機管理
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム 法務ニュース 危機管理
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

民法改正 消滅時効について 1.はじめに  2017年5月26日、「民法の一部を改正する法律案」および「民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案」が国会で成立し、民法改正が行われる運びとなりました。施行はまだ先となりますが、これにより、民法の多くの条項とその内容の変更がなされます。 それらの中で...
ユニクロ 学年不問の採用説明会開催... Ⅰ、概要 大手カジュアル衣料品販売会社であるユニクロは、大学の学年に関係なく採用活動を行うと発表してから、初となる会社説明会を行った。 説明会では、柳井正会長兼社長も出席し、日本の現状が衰退していること、海外で仕事をしてもらいたいこと、今でもベンチャー企業と考えていることなどを熱く述べた。また...
「飲むだけで脂肪を燃やす!」広告 健康食品販売会社に排除措置命令... 事案の概要 「飲むだけ簡単」などとうたいダイエット食品を売ったとして消費者庁は17日、景品表示法4条1項2号(優良誤認)違反に該当するものとして、健康食品等販売会社プライム・ワン(東京都板橋区)に再発防止などを求める措置命令を出した。 消費者庁によると健康食品等販売会社プライム・ワン(東京都板橋...