民事訴訟手続きIT化への動き

はじめに

民事訴訟手続きのIT化を検討してきた政府有識者会議は先月30日、訴状の提出や書類の送達などをインターネット上で行うことができるよう、手続きのIT化を求める提言を取りまとめました。今後1年以内に法制審への諮問に向けて準備を進めるとのことです。今回は民事手続きのIT化に向けた提言のポイントを見ていきます。

民事手続きIT化への経緯

近年の情報通信技術の発展にともない民事訴訟手続きもIT技術を活かした制度の必要性は高まってきたと言われております。それを受け平成8年から電話会議システムやテレビ会議システムが導入され、平成18年からは支払督促手続きがオンラインで行えるようになりました。しかし欧米などの諸外国の制度から見ると、日本のIT導入はまだまだ追いついていないのが現状です。日本のビジネス環境や国際競争力の観点から利用者目線に立ったIT化を進める必要があるとの声が高まってきており、有識者会議による検討が始まったとされます。以下提言のポイントを見ていきます。

「3つのe」の実現

(1)e提出
有識者会議による提言は「3つのe」の実現を柱としています。その一つ目が「e提出」です。現行法では訴状などは書面は紙媒体で裁判所に直接提出するか郵送するかのどちらかしかありません。そこでそれらの書面をオンラインにより24時間365日提出可能にすることが望ましいとされております。訴え提起時の訴状だけでなく、答弁書や判決、訴訟手数料の納付にいたるまでオンラインで実現すべきと言われております。

(2)e事件管理
二つ目は「e事件管理」です。訴訟当事者は訴状や答弁書、準備書面や証拠等を随時オンラインでアクセスできるようにするということです。また訴状の受理や補正など、訴訟の現状をオンラインで確認したり、また口頭弁論期日の調整や指定も当事者双方と裁判所がオンラインで行うことができるようにすべきとされます。

(3)e法廷
三つ目は「e法廷」と呼ばれ、当事者双方が裁判所に出頭することなく、テレビ電話会議やウェブ会議を活用して訴訟手続きを行うというものです。第一回口頭弁論期日では当事者は裁判所に出頭しなくても訴状や答弁書の内容を陳述したものと擬制されます(民訴158条)。それゆえに最初の期日は当事者が欠席せずに形式的なものとなりがちですが、ウェブ会議等を通じてより充実させることが期待できます。また争点整理や証人尋問も裁判所まで出頭しなくても実施することも考えられると言われております。

IT化の課題

民事訴訟手続きのIT化にはまだまだ多くの課題があります。まず弁護士を頼まない本人訴訟の場合、IT化したシステム利用をどのようにサポートするかという点が挙げられます。またインターネットを使用する以上、セキュリティの問題は避けて通ることはできません。訴状や書証などのオンライン化すれば漏洩や、改ざんといった問題もあります。またIT化には司法だけでなく行政との連携も必須でありコスト面も重要な課題とされます。

コメント

現在民事訴訟手続きに導入されているIT技術は電話会議システムとテレビ会議システムがあります。電話会議システムは裁判所が必要と認める場合に準備手続で使用できるに留まっております(176条3項)。またテレビ会議システムは家事事件での調停や審判に限られており(家事事件手続法258条1項、54条)IT化はほとんど進んでいないのが現状と言えます。民事訴訟以外では登記申請が挙げられます。不動産登記や商業登記をオンラインで行うというものです。しかしこれも完全にはオンライン化しておらず、電子化できない書面などはやはり直接提出や郵送を必要とされており、半ライン申請などと呼ばれております。以上のように訴訟手続のIT化はまだまだ実現への道のりは長いと思われますが、それでも少しずつオンラインによる手続きは拡大していっていると言えます。1分1秒を争う訴状の提出や仮差押などがオンライン化した場合、法務実務に及ぶ影響も大きいと思われます。法改正の動きには常に注視していくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務コラム 法務ニュース 訴訟対応 民事訴訟法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース 訴訟対応 民事訴訟法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース 訴訟対応 民事訴訟法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース 訴訟対応 民事訴訟法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

【今さら?】ウィルス作成、ようやく直接処罰できるかも【まだ閣議決定段階??】... ウィルス、作り放題楽しいね! ・・・との見出しに驚かれた読者も多かろう。実は、現在日本では、コンピュータウィルス作成行為を直接処罰する法律がない状態だったのだ。 11日午前の閣議にて、政府は刑法・関連法規の改正案を決定した。コンピュータウィルス作成罪を中心とする新設法規にて、日本でもようやく、ウィ...
業務委託契約書作成における注意点 業務委託契約とは 業務委託契約とは依頼主の業務の一部または全部を委託先に任せる際に締結する契約を業務委託契約と言います。業務委託契約の内容には主に委任・準委任契約(民法643条、民法656条)と請負契約(民法632条)があり、二つの契約をあわせて一つの業務委託契約とするものもあります。 委任契約...
ロッテのガバナンス強化について 1、ロッテの統治改革について  韓国ロッテグループ会長を兼任する重光昭夫ロッテホールディングス副会長が日本のロッテの株式上場と社外取締役の増員を検討している旨、2015年12月9日付日本経済新聞朝刊が伝えている。  このロッテの株式上場と社外取締役の増員の狙いは何か。まずロッテグループの現状からみ...