伊藤園に勧告、下請法違反について

はじめに

飲料大手の「伊藤園」(東京都)が清涼飲料「お~いお茶」などの製造委託を行っている下請け業者2社に対し、支払い代金を不当に減額していたとして、公取委は6日までに再発防止の勧告をしていたことがわかりました。減額した額は約1億1880万円に上るとされます。今回は下請法が規制する代金減額について見ていきます。

事案の概要

公取委の発表などによりますと、伊藤園は緑茶などの清涼飲料の製造を下請事業者に委託しておりました。同社は平成28年6月から平成29年5月までの間に、下請事業者2社に対し「特別協力金」の名目で下請代金を減額させていたとのことです。同社は一旦下請代金を支払い、下請事業者に同社が指定する金融機関の口座に特別協力金として振り込ませる方法を採っていたとされます。それにより減額した額は計約1億1880万円に上るとされます。公取委はこれに対し、再発防止や社内研修、従業員への周知徹底などを命じる勧告を行ないました。

下請法による規制

下請法では親事業者が下請事業者に対し、製造・修理委託などを行う際に書面の交付などを義務付けると共に、一定の行為を禁止しております。これらに違反しますと公取委は違反行為の再発防止などを命じる勧告を行ないます(7条1項)。勧告が行われますとその旨公表がなされ、勧告に従わない場合には独禁法に基づいて排除措置命令や課徴金納付命令が出されることがあります(8条、独禁法20条、20条の6)。また罰則として50万円以下の罰金が課される場合もあります(10条)。

対象となる事業者

下請法は一定の事業規模に基づく関係を有する事業者に適用されます。具体的には資本金3億円を超える事業者が資本金3億円以下の事業者(個人事業者を含む)に製造委託などを行う場合に、前者が親事業者、後者が下請事業者となります。同じように資本金が1000万円~3億円の事業者が資本金1000万円以下の事業者に委託を行う場合も同様の関係となります(2条1項~8項)。このように資本金額を基準として親事業者、下請事業者が决定されます。

親事業者の義務

下請法により親事業者に該当する場合は一定の義務が課されることになります。具体的には、①書面の交付義務(3条)、②書類の作成・保存義務(5条)、③下請代金の支払期日を定める義務(2条の2)、④遅延利息の支払い義務(4条の2)が挙げられます。書面とは委託契約などを行った際の、目的物の内容、下請代金、支払期日、支払い方法などを記載した書面です。また5条の書類とは委託の目的物の内容や受領期日、受領の際の検査、不合格の場合の扱い、給付の内容の変更等があればその内容、給付のやり直しをさせた場合はその内容と理由など記載した書面ということになります(公取委規則)。

代金減額の禁止

下請法4条1項各号では受領拒絶や代金不払いなどの行為を禁止しております。そして同項3号では「下請事業者の責に帰すべき理由がないのに、下請代金を減ずること」を禁止しております。違法な減額行為としては、原材料価格の下落を理由とする減額、「歩引き」と称する減額、「協賛金」「協力金」名目で減額あるいは支払いの請求、通常手形払いを現金で払う際に「割引手数料」として代金から差し引く行為などが挙げられます。これらは違法となりますが、「下請事業者に責に帰すべき理由」がある場合には違法とはなりません。具体的には納入された品物に欠陥などが有り、受領を拒否した場合、親事業者が自ら修復した場合、下請事業者が納期を遅れた場合などが挙げられます。

コメント

本件で伊藤園は自社製品の販促のための特別協力金として下請事業者に約1億1880万円を支払わせておりました。下請事業者にはなんら責任の無い代金の減額に当たります。下請法では下請事業者に責任が無い場合、いかなる名目、方法、金額の多寡を問わず、また合意があったとしても違法となります。通常下請事業者は親事業者に対しては弱い立場にあるためです。伊藤園は減額分を既に支払ったとされております。公取委や中小企業庁は必要があれば立入検査や書面の提出を行ない違反行為が無いか調査します。その際に上記親事業者に作成が義務付けられた書面を調査することになります。書面が適切に作成されていなかったり、不備がある場合には下請法違反が疑われることになると言えます。下請法違反は独禁法と同じく排除措置命令や課徴金納付にいたる場合があり違反のペナルティは厳しいものとなっております。今一度書面に不備は無いか、不当な減額を行っていないか、不当な協力を求めていないかを社内でチェックすることが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

企業 法務ニュース コンプライアンス 下請法
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務ニュース コンプライアンス 下請法
第94回MSサロン(東京会場)
2018年02月23日(金)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社
アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「事例で考える-国際取引交渉の戦略とポイント」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース コンプライアンス 下請法
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務ニュース コンプライアンス 下請法
「無料セミナー」資金調達手段としての香港株式上場の戦略的アドバンテージ、弁護士の役割と諸問題への実務対応 ―日清食品有限公司の上場例を中心に―
2018年3月6日(火) 13:00~16:00(受付:12:45~)
無料
東京都港区
講師情報
講師(予定)
虎門中央法律事務所
弁護士 今井 和男
同 鈴木 隆弘
同 山本 一生

世澤律師事務所
中国/NY州弁護士 姫 軍
中国弁護士 諸韜韜
同弁護士/外国法事務弁護士 陳 軼凡
中国弁護士 殷 宏亮

CFN Lawyers in association with Broad & Bright(CFNローヤーズ・世澤共同経営法律事務所)
香港弁護士 Bowie Fung、同Jenny Chen
(1) 日本企業が香港証券取引所に上場するメリット
(2) 日本企業が香港証券取引所に上場することによる、香港及び中国大陸事業に与える影響と意義
(3) 香港証券取引所上場の基本的な流れ・手続とその注意点
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

竹島の所有権問題 国際司法裁判所への訴訟手続に... 事案の概要  政府は今月17日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島訪問への対抗措置として、国際司法裁判所(ICJ)への訴訟手続きに入ると発表した。領有権問題の平和的な解決を目指すとともに、竹島は日本固有の領土だという立場を国際社会に訴えるのが狙いである。  ICJでの裁判の開廷には、両...
福島(空き巣)+東京(ひったくり)、地震後の治安... 警備の強化 今月2日、福島県警は避難地域の治安維持・警備にあたる「特別警備隊」の結成式を行った。 避難地域内を中心に警戒や検問を行い、既に「被災地特別パトロール隊」を結成して活動していたが、避難地域の拡大を受けての措置を取る。 怪しいハーブ・反復空き巣・ひったくり 現在に至るまで、避難区域内では...
TV番組海外転送、2社の上告を棄却 サービス停止、賠償を命じた判決確定... 概要 インターネットを通じて海外で日本のテレビ番組を視聴できるサービスを巡る2件の訴訟の差し戻し上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は13日付で、サービスしている2社の上告を棄却する決定を出した。サービス提供は著作権法違反に当たるとした上でサービス停止と損害賠償などを命じた知財高裁の差し戻...