消費者契約法の改正点完全網羅

はじめに

 6月3日に改正消費者契約法が施行されて約1ヶ月が経過しました。
 今回の改正では、特に認知症などで判断能力の低下した高齢者を保護するものとなりました。これに伴い、従来は違法でなかった契約が今後は違法となる場合が出てきました。
 そこで今回は、新しい消費者契約の改正点について、あらためて確認したいと思います。

消費者契約法の適用範囲

 消費者契約法は消費者と事業者との間で締結する契約のうち、労働契約以外のあらゆる契約が対象となります。
※消費者、事業者の意味
・消費者とは、個人(事業としてまたは事業のために契約の当事者となる場合を除く)を指します(消費者契約法2条1項)。
・事業者とは、法人その他の団体、及び事業として又は事業のために契約の当事者となる場合における個人事業者をいいます(同2項)。

新設・変更された点は?

改正消費者契約法では以下の点につき、条文が新設・変更されました
1.「重要事項」の範囲の拡大(4条5項3号)
2.過量契約の新設(4条4項)
3.消費者の解除権を放棄させる条項を無効とする条文の新設(8条の2)
4.消費者の利益を一方的に害する条項を無効とする条文の新設(10条)
5.取消権の行使期間を6ヶ月から1年間に延長(7条)
以下、個別にみていくことにします。

1.「重要事項」の範囲の拡大(4条5項3号)
 勧誘時に不実告知(「重要事項」について事実と異なることを告げること)があった場合、当該消費者は契約を取り消すことが出来ます。
 新消費者契約法により、契約の目的となるものについてでなく、生命、身体、財産その他の重要な利益についての損害又は危険を回避する必要性に関する事項について不実告知があった場合にも取消しが出来るようになりました。
 (例) 真実に反して「タイヤが磨耗しておりこのまま走ると危ない。タイヤ交換が必要」と告げて新しいタイヤを購入させた場合

2.過量契約の新設(4条4項)
 事業者が消費者契約の締結について勧誘するに際し、当該消費者契約の目的物の分量等が当該消費者にとっての通常の分量等を著しく超えるものであることを知っていた場合、当該消費者は当該契約を取り消すことが出来るようになりました。
 (例) 一人暮らしの高齢者に対し何十組もの布団を販売した場合

3.消費者の解除権を放棄させる条項を無効とする条文の新設(8条の2)
 事業者の債務不履行の場合でも消費者の解除権を放棄させる条項について、無効であることが明示されました。
 (例) 「販売した商品については、いかなる理由があっても、御契約後のキャンセル・返品はできません」とする条項

4.消費者の利益を一方的に害する条項を無効とする条文の新設(10条)
 任意規定(法令の規定のうち、当事者の合意によって適用を排除できる規定)の適用による場合と比べ消費者の権利を制限し又は義務を加重する条項であって(第1要件)、信義則(具体的状況のもとで、相互に相手方の信頼を裏切らないように行動すべきという原則)に反して消費者の利益を一方的に害するもの(第2要件)は無効となっています。
 改正により、消費者の不作為(特定の積極的行為を、あえてやらないこと)をもって当該消費者が新たな消費者契約の申込み、またはその承諾の意思表示をしたものとみなす条項が第1要件の例示として追加されました。
 (例) 購入した覚えのない健康食品が自宅に届けられた場合に、消費者が継続購入しない旨の電話をしない限り、継続的に購入するとみなす旨の条項

5.取消権の行使期間を6ヶ月から1年間に延長(7条)
 消費者の取消権は、追認することが出来るときから一定期間行使しない場合に時効により消滅します。
 当該期間が、従来の6ヶ月から1年に伸長されました。
なお、追認(取消しできる行為を、後から確定的に有効とする意思表示)することができるときとは、消費者が誤認をしたことに気づいた時や困惑を脱した時等、取消の原因となっていた状況が消滅した時を指します。

最後に

 今回の改正により、全体として消費者が契約の取消し・無効を主張できる機会が増えました。
 消費者契約法には、消費者団体訴訟制度も定められています。自社の社会的信用にも関わってくることですから、法務担当者は消費者との契約において上記条項に触れる部分がないか注意することがより重要となったといえるでしょう。

関連サイト

消費者契約法の一部を改正する法律(平成28年法律第61号)

知っていますか? 消費者契約法

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] yuichi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

企業 法務ニュース 契約法務 消費者契約法
第88回MSサロン(東京会場)
2017年09月26日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
田中 誠
キリンホールディングス株式会社グループ法務担当主幹
兼キリン株式会社法務部主幹

1985年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
1985年4月 麒麟麦酒株式会社(現キリンホールディングス㈱)入社
1990年10月~2004年3月 同社総務部法務課2004年4月~2012年4月 同社不動産事業部門配属後、同社不動産関連子会社に出向
2012年4月 キリンホールディングス株式会社グループ法務担当 兼 キリン株式会社法務部に異動、現在に至る
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「上場会社株主総会の最近の実務」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 契約法務 消費者契約法
第87回MSサロン(名古屋会場)
2017年09月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「製造業のための民法(債権法)改正実務対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務ニュース 契約法務 消費者契約法
第86回MSサロン(大阪会場)
2017年09月06日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上絢子
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同事務所入所

2008(平成20)年4月~2011(平成23)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロー スクール) 非常勤講師
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「取引基本契約を締結する際の下請法をめぐる留意点」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 契約法務
《緊急セミナー》改正債権法に基づく契約書作成実務
2017年10月13日(金)
14:30 ~ 17:30
15,000円(資料代・消費税を含む)
東京都品川区北品川
講師情報
滝川 宜信
(行政書士滝川ビジネス契約コンサルティング代表〔特定行政書士〕・明治学院大学非常勤講師)
◆中央大学大学院法学研究科博士後期課程中退
◆㈱デンソー法務部課長~部長および名古屋大学大学院法学研究科客員教授、明治学院大学法科大学院教授(会社法・商法担当)、株式会社トーカン顧問を歴任。
・この間、中部経済連合会法規委員会専門委員長、経団連経済法規委員会企画部会委員・消費者部会委員、名古屋工業大学・名城大学法学部・中京大学法学部・南山大学法学部・法科大学院の非常勤講師を歴任。
◆日本私法学会会員、金融法学会会員
◆主な著書
『取引基本契約書の作成と審査の実務(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『実践企業法務入門(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)、『M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)
『内部統制対応版企業コンプライアンス態勢のすべて〔新訂版〕』(共著・きんざい)、『リーディング会社法〔第2版〕』(単著・㈱民事法研究会)、『企業法務戦略』(共著・㈱中央経済社)、『社外取締役のすべて』(共著・東洋経済新聞社)など
改正民法施行は、2020年1月または4月と見込まれていますが、今から契約書の準備をすることが必要です。
本セミナーでは、『取引基本契約書の作成と審査の実務』など契約書の審査と実務シリーズ(民事法研究会・刊)の著者が、企業法務の担当者を対象に、直接、わかり易く丁寧に解説します。
滝川宜信・著『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(民事法研究会・刊)に掲載の請負契約書ひな型・委任契約書ひな型に基づき具体的に条文の変更例を示し解説します。
※変更例および主旨は、他の契約にも応用が可能です。
※本セミナーは、本年7月19日に、名古屋・愛知県弁護士会ホールで行った内容と基本的に同じです。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

知的財産権のさらなる保護に向けて~2014年版特許行政年次報告書を公表~...  特許庁は、特許行政年次報告書2014年版を5月14日に発表した。同報告書は国内外の知的財産制度の現状、ならびに今後我が国の知財制度の目指す方向性について取りまとめたものである。以下では同報告書の内容について概観したい。 特許行政年次報告書の内容 ①日本の知的財産活動(出願、審査請求件数)の現...
消費税の生活必需品への軽減税率適用範囲... 事案の概要  5月30日、国際通貨基金(IMF)は、2015年10月の10%への引き上げを予定通り実施することを促すとともに、来年10月に消費税率10パーセントに上がるのを前提として、財政再建のためには、消費税率を最低でも15パーセントまで段階的に引き上げるよう提言した。  そして、日本政府は、来...
「自炊」代行業訴訟に見る著作権法と複製権... はじめに  本や雑誌をスキャナーで読み取り電子化する「自炊」の代行業者に、作家浅田次郎さんら7人が著作権侵害であるとして複製差止と賠償を求めていた訴訟で、3月17日最高裁は業者の上告を受理しない決定を下し業者敗訴が確定しました。いわゆる自炊行為と著作権法の複製権について見ていきたいと思います。...