セミナーの詳細 : 第66回MSサロン(東京会場)

本ページは、「第66回MSサロン(東京会場)」というセミナー/交流会の詳細ページとなります。

本セミナーは、現在お申し込みいただけません。

お電話にてお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽に御連絡ください。

弁護士による法務セミナーと、交流会を行っております。 企業法務について学び、企業法務の情報交換をしたい方は、是非ご参加ください。

お問い合わせは、フリーダイアルでどうぞ

セミナー名称 第66回MSサロン(東京会場)
日時
4月19日(火)19:00~21:00(2時間00分)(開場18:40)
内容 セミナー(40分)の後、交流会(80分)を行います。
今回のセミナー内容は下記です。
「近時の労働事件の重要裁判例の検討・分析」

近時の人事労務関連の重要裁判例として、
①マタハラが問題になった、
広島中央保健生活協同組合事件・最高裁平成26年10月23日判決、
②合併時に労働者から同意を得て退職金の支給基準を変更したことの有効性が争いになった、
最高裁平成28年2月19日判決、
③近時急増しているメンタルへルス不調を理由とする休職期間満了にともなる自動退職の有効性が争われた、
近時の裁判例などを取り上げ、
これらの裁判例を踏まえた企業側の注意点などを解説します。
対象者 企業の法務担当者、総務担当者、弁護士、その他法律関連のお仕事をされている方
受付人数 【申込終了】
講師紹介
横木雅俊
一橋大学法学部卒業、
東京大学法学政治学研究科中退の後、
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て、
2010年9月、横木増井法律事務所を開設。

経営法曹会議、第一東京弁護士会労働法制委員会所属。

企業側の立場で労働問題を中心に扱う。
場所
社会起業大学コワーキングルーム
東京都千代田区二番町2番平田ビル1階
アクセス 地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
地図
料金 2,000円
支払い方法 当日、受付にてお支払いいただきます。
キャンセルについて 当日開始時刻までご連絡ください。

大変恐れ入りますが、本セミナーは、すでに【申込終了】となっています。

現在、申込可能なセミナーはありません。